「100年企業顕彰」

HOME > 「100年企業顕彰」

表彰の目的

日本に数多い創業100年を超える長寿企業の経営理念に注目し、地域の他企業の範となる優れた企業を顕彰し、地域の雇用・税収などに貢献する優良企業を表彰することを目的に第4回「100年企業顕彰」を開催します。
2015年開催の中部地区の第1回、16年の九州・沖縄地区の第2回、昨年の近畿地域での第3回に続き、今回は広域関東圏(1都10県 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)に本社を置く企業を対象に開催します。業種・企業規模にかかわらず優れた経営理念を掲げ地域に貢献してきた老舗企業を表彰します。

主催 100年経営の会
共催 日刊工業新聞社
後援 経済産業省 中小企業庁 関東経済産業局(予定)ほか

募集期間

2018年10月~12月21日(金)到着分

応募資格・対象

  • 創業100年以上の長寿企業。
  • 戦時下及び終戦後の10年程度の間において、統制その他のやむを得ない事情による休業があった場合、その休業期間は営業を継続していたものとみなします。
  • 地域社会や地域経済の発展に寄与している企業。
  • 対象業種に制限はございません。時代の変遷、社会経済情勢の変化に対応し、創業時の業種からその他の業種転換があった場合も対象となります。ただし、風俗営業、娯楽業、医療業・保健衛生、宗教、教育、自由業などは除外。
  • 第4回は、広域関東圏(1都10県 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)に本社を置く企業を対象とします。

※次に該当する企業は表彰対象になりません。

  1. ①本表彰の目的を損なうような行為、もしくは応募の際に虚偽の記載、もしくは申告があった場合
  2. ②法令違反など社会通念上、本賞受賞者とすることがふさわしくないと判断された場合
  3. ③過去5年間に訴訟やその他の紛争の当事者となっている場合

応募方法

ご応募の際は、応募申請書を以下より

ダウンロード頂き、必要事項をご記入の上、下記のメールアドレス、または、ご郵送にて事務局宛にご提出ください。メールでの提出の場合には、添付資料等も合わせてお送りいただくか、ご郵送にてご提出ください。

提出先

  • [郵送の場合]
    100年経営の会事務局(日刊工業新聞社内)
    〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
    Tel: 03-5644-7608 Fax: 03-5644-7209

審査・表彰

  • 選考は、100年経営の会関係者および100年経営の会会長が委嘱する学識経験者で構成される以下の審査委員体制にて行います。
    北畑 隆生氏 100年経営の会 会長
    モンテ・カセム氏 学校法人 至善館 学長
    後藤 俊夫氏 日本経済大学 経営学部大学院特任教授
    石毛 博行氏 独立行政法人 日本貿易振興機構 理事長(予定)
    井水 治博 日刊工業新聞社 取締役社長
    (未定) 経済産業長 中小企業庁(予定)
    (未定) 経済産業省 関東経済産業局(予定)
  • 受賞企業には、表彰状と記念品を贈呈します。

    ※表彰式は2019年2月~3月に関東圏内で開催予定

事務局

100年経営の会事務局(日刊工業新聞社内)
 〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1
 Tel: 03-5644-7608 Fax: 03-5644-7209


ページの上へ