活動内容

活動報告

HOME > 活動内容 :活動報告

100年経営の会 シンポジウム ~不変と革新 貫く企業理念~

 
100年経営の会は2014年11月21日、東京都目黒区のザ・ガーデンホールでシンポジウム「不変と革新 貫く企業理念」を開いた(共催日刊工業新聞社、協力モノづくり日本会議)。・・・続きを読む>>

100年経営の会 地域フォーラム@京都--老舗フォーラム~100年経営を考える~

 
100年経営の会、モノづくり日本会議、日刊工業新聞社は2月14日「地域フォーラム@三重 不変と革新」を三重県四日市市の四日市ドームで開いた。・・・続きを読む>>

100年経営の会 地域フォーラム@三重--長寿企業に学ぶ不変と革新の経営理念

 
100年経営の会、モノづくり日本会議、日刊工業新聞社は2月14日「地域フォーラム@三重 不変と革新」を三重県四日市市の四日市ドームで開いた。・・・続きを読む>>

100年経営の会シンポジウム--不変と革新長寿経営の秘訣を学ぶ

 
100年経営の会は10月24日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスでシンポジウム「不変と革新 長寿経営の秘訣(ひけつ)を学ぶ」を開いた(日刊工業新聞社共催、モノづくり日本会議協力)。・・・続きを読む>>

モノづくり交流会--大分県臼杵市で開催

 
「100年企業に学ぶ」と題したフォーラムに引き続き3月27日、大分県臼杵市でモノづくり日本会議主催の交流会が開催された。大分県内のさまざまな業種の企業が参加し、プレゼンテーションや情報交換などを活発に行った。・・・続きを読む>>

100年企業に学ぶ日本の誇り・大分の誇り--長寿企業新たな挑戦

 
100年経営の会、モノづくり日本会議、日刊工業新聞社が主催する地域フォーラム「100年企業に学ぶ 日本の誇り・大分の誇り」が3月27日、大分県臼 杵市内で開催された。大分県、臼杵市、大分銀行、大分合同新聞社が後援。臼杵をはじめとする大分県内には創業100年を超える長寿企業が多数活躍してい る。・・・続きを読む>>

長期持続的経営を目指す企業のネットワーク組織 「100年経営の会」スタート

 
日刊工業新聞社は、長期持続的経営を目指す企業のネットワーク組織「100年経営の会」を設立した。17日に東京・九段下のホテルグランドパレスで設立理事会・総会を開き、同会会長に北畑生元経済産業事務次官が就任。岡谷篤一岡谷鋼機社長、茂木友三郎キッコーマン名誉会長、岡村正東芝相談役、宇野郁夫日本生命保険相談役らが「100年経営会議議員」に、旭化成や出光興産、キリンビール、島津製作所、日本IBMなどのトップが理事に選出され、総勢25社が会員に名を連ねてスタートした。・・・続きを読む>>

100年経営シンポジウム ~危機克服を考える~

 
日刊工業新聞社は8月10日、東京都千代田区のホテルグランドパレスで「100年経営シンポジウム」を開いた。全国の長寿企業が集う「100年経営の会」の発足に向けたシンポジウムで、テーマは「危機克服を考える」。同会会長に就任予定の北畑隆生元経済産業事務次官、天坊昭彦出光興産会長、茂木友三郎キッコーマン名誉会長、佐藤廣士神戸製鋼所社長が登壇し、持続的成長を実現する経営戦略などについてそれぞれ講演した。会場には300人を超える聴講者が訪れた。・・・続きを読む>>

ページの上へ