「不変と革新」

ノリタケカンパニーリミテド

HOME > 「不変と革新」 > ノリタケカンパニーリミテド

「国利民福」創業精神脈々と

米ニューヨークに開いた雑貨店「モリムラブラザーズ」
「至誠事に当たり、もって素志を貫徹し、永遠に国利民福を図ることを期す」。ノリタケカンパニーリミテドのルーツとなった森村組(現森村商事)創業者である森村市左衛門が掲げたこの精神は、創業から100年以上たった今も脈々と受け継がれている。

ルーツは明治維新

洋食器の世界ブランドであるノリタケのルーツは明治維新期にさかのぼる。幕末期に御用商人だった市左衛門は、中津藩出身の福沢諭吉から外貨獲得の重要性を説かれ「国のため」と自ら海外貿易を志した。その後、弟の豊らと森村組を設立。米ニューヨークに雑貨店「モリムラブラザーズ」を開き、陶磁器や扇子などを売った。
 
市左衛門らは陶磁器の好調な売れ行きに市場の大きさを確信。また博覧会で欧州製の白磁器を見て「この美しい食器を日本で作れないか」と思案するようになる。こうして1904年(明37)、米国向け洋食器の製造を目指して、現在の名古屋市中村区則武に日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)が誕生。社長には森村兄弟と森村組を率いてきた大倉孫兵衛の長男・和親が就いた。
 
森村兄弟や大倉親子がこだわったのが品質だ。米国で受け入れられる洋食器を作る―。その一心で試行錯誤を繰り返した。日本初のディナーセット完成までに会社設立から実に10年を要したことに、品質へのこだわりを垣間見ることができる。

世界に広まる

品質が評価されディナーセットは米国で受け入れられた。同年始まった第一次世界大戦の影響でドイツから米国への陶磁器輸出が滞ったこともあり、順調に受注を獲得。「ノリタケ」の名は世界に広まった。
 
この時期に食器加工で使う研削砥石(といし)を事業化。現在はこれが主力事業となっており、焼成炉や回路基板など業容を拡大している。研削砥石事業は現在、国内シェア約30%の最大手。食器事業で築いたブランド力が、事業展開に優位に働いた。
 
ただ、食器事業の売上高はピーク時の1990年に500億円から、バブル崩壊をきっかけに激減。小倉忠社長は「食器事業を他の事業で支えているのが現状」と明かす。それでも同社は食器事業を継続する。12年には新たに高級食器と日用食器の中間にあたる「上質な日用食器」を開発した。純度の高い材料を使って世界一白く、かつ電子レンジにも対応させて実用性も確保。良品へのこだわりを突き詰め、改めてノリタケブランドの総合力を示した。

良品へのこだわり

市左衛門らによる創業の精神は「良品へのこだわり」と「社会貢献」の2点に凝縮される。「創業者の『世界に通用する製品を日本でつくる』という熱い思いを引き継いでいかなくてはいけない」(小倉社長)。
 
8月には愛知県みよし市で研削砥石のマザー工場を稼働し、品種別ラインにして効率的なモノづくりに乗り出した。一方で旧本社工場は文化観光施設「ノリタケの森」として一般開放するなど社会貢献を続けている。

企業概要

1904年(明37)に国産洋食器の生産を目指して設立。同社が開発した国産初のディナーセットは、「ノリタケ」を洋食器の世界ブランドに押し上げた。現在、量産用食器はほぼ全量をスリランカの工場で生産している。同社からは「一業一社」の精神の下に、衛生陶器の東洋陶器(現TOTO)や電力用碍子の日本碍子(現日本ガイシ)が生まれた。これらの企業は「森村グループ」として今も緩やかな連携を保つ。


ページの上へ